茶知識


「茶知識について」

台湾の人気お茶種類はウーロン茶、東方美人茶、ジャスミン茶、鉄観音茶、 紅茶,この中が一番産地が多いのはウーロン茶,産地によって凍頂、阿里山 、梨山、玉山です。

お茶がおいしく淹れるの温度と特點:

  • ウーロン茶:95~100度 ,半球の葉形。
  • 東方美人茶:70~75度,葉先に白い毛がついている(毛が多いほど高級)。
  • ジャスミン茶:70~75度,細い葉が独特のジャスミン香り。
  • 紅茶:70~75度で、透き通った朱色が出ます。
  • 鉄観音茶:95~100度で茶褐色が出ます。
  • 良品質のお茶は、通常5~6回飲むことが出来ます。
  • 茶葉の量はお茶の種類によって調整してください。
  • (例)東方美人茶は大体急須の半分ぐらいの量を入れます、ジャスミン茶で大 体1/3ぐらい。

※急須からお茶を出す時間は、味の好み(濃い薄い)で調整してください。

新鮮の茶葉は翌日が質が変わりますから、当日中にお召し上がってください。

「臺灣茶的歷史」

臺灣位於亞熱帶地區、有從北到南綿延連續的幾乎終年由雲霧覆蓋的高山山脈,這是作為茶葉的產地非常適合的環境。1896年稱為「FORMOSA TEA」的烏龍茶(127,86噸)首次出口美國紐約。美國的有關人士對這茶的口味和易飲性大吃一驚,以此為契機、「臺灣茶」受到了重視、從此登上國際舞臺。此後百餘年、臺北盆地的老茶行,為因應市場大量需求大批訓練制茶師及烘培師,通過對茶不懈地努力的結果,使「臺灣茶」名譽世界、至今都一直受到人們的愛飲。

「台湾茶の歴史」

亜熱帯地方に位置する台湾は、北から南まで、1年のほとんどが雲や霧に覆われるほど高い山脈が続いているために、お茶の産地として非常に適した環境といえます。1896年「FORMOSA TEA」という名前の烏龍茶(127,86トン)が初めて米国、ニューヨークへ輸出されました。米国の関係者たちはその味、飲みやすさに驚き、それをきっかけに「台湾茶」が注目され、一躍国際舞台に躍り出ることとなりました。あれから百年の間、お茶の市場増加に対応するため、台湾盆地の老舗茶業者たちが協力し、製茶や茶焙煎の専門家達を育てたりして、お茶に対してたゆまぬ努力を重ねた結果、「台湾茶が世界中に知れ渡り、今日まで愛飲されてきたのです。

購物車

登入

登入成功